青森県八戸市南郷の手づくりツーリズム。南郷のゆったり田舎体験をご紹介。

キャラクター

 南郷のおばあちゃんたちに昔の話を聞いたとき、保存食についてこんな話をしてくれました。
 「私たちが若いころは今みたいにスーパーとかなかったからね、食べものはほとんど自分たちで賄ったの。買って食べるなんてめったにしなかった。ウグイは焼き干し、山菜は塩漬け、大根は干して寒大根と干し菜・・・。夏になるときゅうりは食べきれないほど採れるの。だから塩漬けにしてね、そうすると1年ぐらいもつの。古漬けになってね。冬は白菜がたくさん採れるから、囲炉裏のある部屋の天井近くの梁にザルとかカゴを置いてね、凍らないようにその上にあげておくの。あとね、渋柿もそのザルにあげるの。そうすると燻されて柿が甘くなるの。とろ~っとなって美味しいの。」
 そんな話をしているときのおばあちゃんたちの顔が、懐かしさと美味しさを物語っていました。

保存食

干し菜(左上) 干し柿(左下)

干しりんご

 料理が苦手で漬け物をつくったことがないと私が言うと「はじめから上手になんてできないの。仕事で仕事を習うっていうでしょ。 最初から上手に出来る人なんていないの。まずはやってみることが大切。失敗しながら上達していくの。」と笑いながら優しく言ってくれました。
 おばあちゃんも若い頃、失敗したことがあったのかしら?と思いながら、私も漬物づくりに挑戦したくなりました。みなさんも南郷の地元の人たちと一緒に漬け物づくりを体験してみませんか?

漬け物づくり体験

【食体験】季節を食べよう 昔ながらの漬物づくり体験

■開催期間
夏季以外(要予約)
■時間
10:00〜12:00(約120分)
13:00〜15:00(約120分)
■料金
1,500円(税込)(お一人様)
■定員
2名様~10名様まで
■締切
催行日4日前までにお申込みください
■場所
山の楽校
■駐車場
あり
※白菜漬け、大根のがっくら漬け、きゅうりの古漬の3種類を予定していますが、季節によって種類や料金が異なる場合があります。

<お申込み・お問い合わせ先>

公益社団法人 八戸観光コンベンション協会
住  所:青森県八戸市内丸一丁目1番2号
電話番号:0178-41-1661
開館時間:8:30-17:00(土日祝日除く)
WEB:https://navi.hachinohe-cb.jp/localtabi/